(Mac)開発環境でXamppを入れてみた。

Mac

Mac

最近、ずっと使っていたThinkPadから

MacBookにメインパソコンを変えました。

ようやくな気がしますが…

で、MacBookにThinkPadに変えてから

色々環境を整えているのですが、

今回はXamppを入れて設定致しました。

スポンサードリンク

手軽に手に入る開発環境Xampp

Xampp

Xampp

ローカル環境でお世話になっている『Xampp』

レンタルサーバーとか

自作サーバーを用意しなくても

手軽に開発環境を準備できるのが特徴です。

僕は、PHP覚える時に

レンタルサーバーを借りるのもためらっていたので

まずはXamppで開発してみて

問題なさそうな感じになってから

レンタルサーバーを借りました。

なので、手軽に開発環境ができるXamppを

MacBookにも入れてみたいと思います。

Mac版のXamppをダウンロード

Xamppダウンロード

Xamppダウンロード

XAMPP Apache + MariaDB + PHP + Perl

まずはこちらのXamppのサイトへ行き

「OS X 向け Xampp」をダウンロードします。

Xampp VM版

Xampp VM版

今回は「xampp-osx-7.3.9-0-vm.dmg」といファイルが

ダウンロードされました。

MacではVM版がダウンロードされるようです。

VM版だと仮想環境のなかで作業できるので

Macの環境に影響を与えないみたいです。

ダウンロードしたファイルをダブルクリックして【解凍】します。

Xamppインストール

Xamppインストール

すると、アプリケーションフォルダへ移動するウインドウがでます。

左にあるXamppを右のアプリケーションフォルダへドラッグして

移動させます。

アプリケーションフォルダ

アプリケーションフォルダ

次に、Xamppをダブルクリックします。

Xampp注意ウインドウ

Xampp注意ウインドウ

「”XAMPP”はインターネットからダウンロードされたアプリケーションです。

開いてもよろしいですか?」とウインドウがでます。

『開く』を押します。

Xampp英語ウインドウ

Xampp英語ウインドウ

すると、英語の文言がでてきました。

Xampp Stackman

Xampp Stackman

そのあと、『stackmanが変更を加えようとしています。』と

ウインドウがでてきます。

ここでパスワードを入力すると

コントロールパネルがでてくるので

Xamppのインストール完了です。

Mac版Xamppの使い方

Xamppコントロールパネル

Xamppコントロールパネル

Xamppを起動するとコントロールパネルが出てきます。

Xampp General

Xampp General

「General」という項目の

『Start』を押せばXamppが起動し

起動させるとStatusが緑になります。

その下に「192.168.xx.x」のようにIP Addressが表示されます。

「Go to Application」ボタンで

XAMPPのダッシュボードのWebページが開きます。

XAMPP ダッシュボード

XAMPP ダッシュボード

ここの右上に『phpmyadmin』がありました。

移動してもエラーがでるので

やはり設定が必要のようです。

『Stop』を押せばXamppが停止します。

Xampp Services

Xampp Services

「Seervices」とうい項目は

ソフトウェアの起動の管理です。

使うものはApacheとMySQLしかないので

ProFTPDはStopをクリックして停止しておきます。

Xampp Network

Xampp Network

「Network」という項目は

ポートの設定のようです。

基本ポートは80を使っているので

「localhost:8080 -> 80(Over SSH)」の

Enableをクリックして有効にします。

ポートの80はHTTP通信、443はHTTPS通信で使われるようです。

Xampp Volumes

Xampp Volumes

「Volumes」の項目は

ローカルのフォルダを表示させるための設定です。

インストール版だとXamppのフォルダが表示されて

ディレクトリが操作できるみたいです。

しかし、今回のはVM(仮想マシン)のため

フォルダが表示されずディレクトリが操作できません。

なので「Mount」をクリックすると

仮想マシンのディレクトリを操作することができるようになります。

Mountをクリックして「Explore」をクリックするとXamppのディレクトリを開いてくれます。

フォルダ名lamppの「htdocs」がXamppのドキュメントルートです。

ここはWindows版と同じですね。

「Log」の項目は

Xamppのログが表示されます。

では次に表示の確認です。

「htdocs」にサンプルのファイルを置いてみます。

testファイル設置

testファイル設置

testというフォルダを作って

test.htmlを中に入れてみます。

次に『Safari』のURLに下記アドレスを入れてみます。

【http://localhost/test/test.html】

サーバーに接続できません

サーバーに接続できません

サーバーに接続できません

おかしいですね。

Windows版ならこれでいいはずなのですが?

調べてみたところVM版は

IPアドレスで直接見に行かないといけないようです。

なので、コントロールパネルに出ている

IPアドレスを使って、下記にアクセスすると

【http://192.168.xx.x/test/test.html】

見れました!

テストファイル

テストファイル

でも、文字化けしていますね。

PHPの設定とかを修正しないといけないようですね。

しかし、phpmyadminもきちんと動かないので

どうしたものか…

Xamppのインストール版に変えてみるか、

MacではMampというものを使うのがいいみたいなので

Mampも使ってみたから判断しようかと思います。

【参考】

『XAMPP for OS Xからかなり変わったXAMPP-VM for OS X のメモ』

『Mac用のXAMPPをインストール。ローカル開発環境の準備と簡単な使い方』

『Macにxamppをインストール』

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ