(Mac)開発環境でMAMPを入れてみた。

Mac

Mac

前回、(Mac)開発環境でXamppを入れてみた。

XamppをMacに入れてみたのですが

Windows版と違い使いづらさを感じたので

MacではMAMPというものがあるというので

こちらの方を入れてみようと思います。

スポンサードリンク

MAMPとは?

MAMP

MAMP

Xamppと同じようにPHPの開発環境で

「Macintosh」「Apache」「MySQL」「PHP」の頭文字をとったものなので

Macに特化したアプリケーションです。

いまではWindows版もあるようなので

使い勝手がよさそうであれば

Windowsにも入れてみようかと思います。

PHPとMySQLの開発環境として使用できるのがいいです。

MacにMampをインストールしてみる

MAMP HP

MAMP HP

まず、Mampのホームページへ行き『Free DownLoad』をクリックします。

(PROという高機能な有料版もあるようですが、今回は無料版をダウンロードします。)

MAMP DL

MAMP DL

「MAMP & MAMP PRO 5.5」という項目をクリックします。

MAMP 許可

MAMP 許可

『ダウンロードを許可しますか?』と出てくるので

『許可』を選択します。

その後ダウンロードが始まります。

NAMO

NAMO

画面に「NAMO」というアプリケーションをインストールするかの

表示がされますが、ここではしないので

表示の外側をクリックして表示を消します。

MAMPパッケージ

MAMPパッケージ

ダウンロードしたインストーラーをクリックして起動します。

MAMP インストーラー

MAMP インストーラー

『ようこそ〜』の画面で「続ける」を押します。

MAMP 大切な情報

MAMP 大切な情報

「Applications フォルダに MAMP をインストールするので、

場所を移動したり、名前を変更しないように」という注意書きが表示されます。

「続ける」を押します。

MNMP 使用許諾

MNMP 使用許諾

使用許諾契約の表示で「続ける」を押します。

MAMP インストール

MAMP インストール

使用許諾の表示で「同意する」を押します。

『インストール先』という項目はスキップされて

標準インストールの表示で「インストール」を押します。

(他にHDがないからスキップされたと思います。)

MAMP インストールパスワード

MAMP インストールパスワード

Macがパスワードを要求してきたら

パスワードを入れます。

MAMP インストール中

MAMP インストール中

インストールが始まります。

MAMP インストール完了

MAMP インストール完了

インストール完了です。

MAMP ゴミ箱へ

MAMP ゴミ箱へ

「完了」を押すと、インストーラーをゴミ箱に入れるかを

聞いてきてくれますので、

「ゴミ箱に入れる」を押して完了です。

MAMPを起動してみる

MAMP アプリケーション

MAMP アプリケーション

アプリケーションの中に『MAMP』フォルダがあります。

MAMP 起動

MAMP 起動

その中に『MAMP』の起動アイコンがあります。

MAMP CLOUD

MAMP CLOUD

起動するとMAMP CLOUDの案内が表示されます。

こちらは左下のチェック外して毎回表示されないようにします。

MAMP コントロールパネル

MAMP コントロールパネル

MAMPのコントロールパネルで『Start Server』を押すと

サーバーが起動します。

Open WebStart page

Open WebStart page

(起動するとMAMPのOpen WebStart pageがブラウザで表示されますが、

表示されたら閉じておきます。)

MAMP Start

MAMP Start

「Apache Server」と「MySQL Server」の横に緑色のランプがついたら、

サーバーの起動完了です。

PHPをテストしてみる

<?php
	echo "PHPで表示させてみた!";
?>

上記の内容をテキストエディタで書きます。

MAMP ファイル保存場所

MAMP ファイル保存場所


※画像はAtomでの保存画面です。

MAMPフォルダ内の『htdocs』フォルダに

ファイル名を「test.php」として保存します。

つぎに、ブラウザからファイルにアクセスします。

MAMP ブラウザ表示

MAMP ブラウザ表示

「http://localhost:8888/test.php」をURLへ入れたら

PHPの内容が表示されたら完了です。

localhost:8888をlocalhostへ変更

「localhost:8888」の部分を「localhost」で使えるように変更しておきます。

MAMP Stop Server

MAMP Stop Server

「Stop Servers」を押してサーバーを停止します。

MAMP Preferences

MAMP Preferences

メニューの「MAMP」→「Preferences」を押します。

MAMP PORT

MAMP PORT

「Ports」タブを開き「Set Web & MySQL ports to 80 & 3306」を選択して、「OK」を押します。

もう一度、MAMPを起動します。

MAMP Password

MAMP Password

設定を変えているためMacがパスワードを求めてきたら

パスワードを入力します。

MAMP localhost

MAMP localhost

ブラウザから「http://localhost/test.php」をURLに入力します。

先ほどと同じ表示がされれば設定完了です。

phpMyAdminの起動を確認してみる

MAMP Open WebStart page

MAMP Open WebStart page

コントロールパネルの「Open WebStart page」をクリックします。

Open WebStart page

Open WebStart page

MAMPを起動すると表示されるMAMPのWebStart pageが表示されます。

MAMP phpMyAdmin

MAMP phpMyAdmin

WebStart pageの下の方にある

『phpMyAdmin』をクリックします。

phpMyAdmin

phpMyAdmin

phpMyAdminが表示されれば問題ありません。

MAMPをインストールしてみて

考える

考える

思っていた以上に簡単にインストールと設定ができました。

Xamppよりも単純で使い勝手がよさそうな気がします。

なので、今後はMAMPで開発をしようかなと思いました。

WindowsもMAMPP入れようかな?

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ