(jQuery)ajaxのエラーを呼び出す方法

jQuery

jQuery

苦手なAjaxをまた使うことがあったんですけど

Ajaxでエラーを出すことができるんですね。

これで、使うのも怖くなくなりました。

スポンサードリンク

Ajaxの設定方法

$.ajax({
    url: "test.php", //データを送り先のURL
    data:$("#hoge").serialize()  
    dataType: 'html',
    success: function(data, status, xhr) {
        // 通信成功時の処理をここに書きます
    },
    error: function(xhr, status, error) {
        // 通信失敗時の処理をここに書きます
    },
    complete: function(xhr, status) {
        // 通信完了時の処理をここに書きます
    },

こんな感じで書くようです。

この「error」って箇所をしらなかったので

データ送信がうまくいっていない場合の対処が

できなくって・・・

今まで知らなかったのもどうかと思いますけどw

とりあえず、これでエラーかどうかの判断ができるので

Ajaxの苦手感が少し軽くなった気がします。

上記の書き方はjQuery1.0での書き方のようです。

使えるのでそのまま使ってました。

jQuery1.8以降は

$.ajax({
    url: "test.php"
}).done(function(data, status, xhr) {
    // 通信成功時の処理
}).fail(function(xhr, status, error) {
    // 通信失敗時の処理
}).always(function(arg1, status, arg2) {
    // 通信完了時の処理
});

もしくは、then() を使って

$.ajax({
    url: "test.php"
}).then(
    function(data, status, xhr) {
        // 通信成功時の処理
    },
    function(xhr, status, error) {
        // 通信失敗時の処理
    }
);

と書くようです。

まだまだ、jQueryは進化しますね。

気をつけねば!

(参考)
jQuery入門 Ajax(Shorthand Methods)

スラスラ読める JavaScript ふりがなプログラミング (ふりがなプログラミングシリーズ)

新品価格
¥1,998から
(2019/9/21 06:18時点)

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ