(WordPress)WordPressをアップデートしたらエディターが使いづらかったので『Classic Editor』を入れてみたよ。

Wordpressプラグイン

WordPressプラグイン

ようやくPHPのバージョンも上げて徐々にメンテナンスを始めたWordpressですが

WordPressのバージョンを上げたら

エディターも変わっていて使い方がイマイチだったので

元に戻すための『Classic Editor』というものを入れてみました。

スポンサードリンク

WordPressをアップデートしたらエディターが使いづらかったので『Classic Editor』を入れてみたよ。

Gutenberg

Gutenberg

WordPressの標準のエディターが『Gutenberg』というものに変わったそうです。

見た感じ、「何をどう使うの?」って感じでした。

えっ?全然わからない・・・

バージョンアップしないほうがよかったかも

色々思いました。

しかし、プラグインが多いWordpress

多分、前のエディターのプラグインがあるはずと思い探してみると

ありました!

Classic Editor』

Classic Editor

Classic Editor

このプラグインをインストールして有効化すれば

いままで通りの記事作成画面に変わるため

これを入れることにしました。

Classic Editor インストール

Classic Editorインストール

Classic Editorインストール

左サイドバーの【プラグイン】から【新規追加】を選択します。

Classic Editorクリック

Classic Editorクリック

プラグイン一覧に『Classic Editor』があれば【今すぐインストール】をクリック

なければ、検索窓から『Classic Editor』を検索して下さい。

Classic Editorインストール中

Classic Editorインストール中

クリックするとインストールが始まります。

Classic Editor 有効化

Classic Editor 有効化

最後に【有効化】をクリックして完了です。

Classic Editor有効化済

Classic Editor有効化済

画面を確認してみます。

【投稿】→【新規追加】を見てみると

Classic Editor 適用後

Classic Editor 適用後

いつもの画面に戻っています。

これで投稿がしやすくなりました。

まとめ

新しい『Gutenberg』というエディターをきちんと使ったことがないので

使い勝手はわかりませんが、

いままでのままのものが使えるなら

とりあえず『Classic Editor』を使っていこうと思います。

使い方に悪銭苦闘するくらいなら

書きやすい方を使いたいと思います。

いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応 人気講師が教 える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」シリーズ)

新品価格
¥1,706から
(2019/9/21 06:21時点)

いちばんやさしいWordPressの教本第4版 人気講師が教える本格Webサイトの作り方 [ 石川栄和 ]

価格:1,706円
(2019/9/21 06:31時点)
感想(0件)

スポンサードリンク

関連記事(広告を含む)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ