(Excel VBA)印刷範囲を取得する

ExcelVBA

ExcelVBA

前回のExcel VBAを使って

綴じているファイルからデータを抜き取って

中身を更新させる際に

更新させる範囲を印刷範囲としたかったので

印刷範囲を取得する作業を行いました。

スポンサードリンク

ループ処理を行う際に使える印刷範囲取得

プリンター

プリンター

1行づつ処理を行う際に

行数を最初に把握しておきたかったのと

更新作業をするのは

ある一部の範囲だけでよかったので

それを決めるために

印刷範囲を利用することにしました。

どうせ、その部分しか印刷しないし・・・

印刷範囲の取得は簡単です

【PageSetup.PrintArea】というものを使います。

Sub Sample1()
    Dim PrArea As String '印刷範囲
    
    '印刷範囲を変数に入れる
    PrArea = ThisWorkbook.Worksheets("Sheet1").PageSetup.PrintArea

    '印刷範囲を表示
    Msgbox PrArea

end Sub

上記のコードを書いて実行すると

印刷範囲

印刷範囲

このように印刷範囲が取得できています。

あとはここから行番号や列番号を使って

ループ処理に使うと

便利に使えますよ。

Excel VBAの教科書 (Informatics & IDEA)

新品価格
¥2,570から
(2019/9/21 06:11時点)

Excel VBAの教科書 [ 古川 順平 ]

価格:2,570円
(2019/9/21 06:23時点)
感想(1件)

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ