(CakePHP2.x) 条件を指定して削除できるdeleteAllの使い方

CakePHP

CakePHP

普段削除をする時は

deleteを使っていたのですが、

条件を指定して削除を行いたいことがあったので

条件を指定できるdeleteAllを使ってみました。

スポンサードリンク

条件を指定して削除

deleteAll

deleteAll(mixed $conditions, $cascade = true, $callbacks = false)

・conditions マッチさせる条件

・cascade 真偽値、true に設定するとそのレコードに依存するレコードも削除する

・callbacks 真偽値、コールバックを走らせる

cascadeはデフォルトではfalseなので

引数のconditionはfindを使う時と同じ感覚で使えるので

使いやすいメソッドです。

(例)
記事を1日前から全て削除

$delete_day = date("Y-m-d", strtotime('-1 day'));
$conditions = array('Post.created <=' => $delete_day);
$this->Post->deleteAll($conditions, false);

(参考)
データを削除する

CakePHP2実践入門 WEB DB PRESS plus

CakePHP2実践入門 (WEB+DB press plusシリーズ) [ 安藤祐介 ]

価格:3,110円
(2019/9/21 06:25時点)
感想(0件)

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ