スポンサードリンク

Wordpress
WordPress

WordPress(ワードプレス)のカスタマイズをしていて、本番サーバーで作業をしている際に、画面が真っ白になることがたまにあります。

そこで、以前MacにMAMPで作ったローカル環境に本番と同じ環境を構築したのですが、本番の環境をそのままローカルに持ってくるとWordpress(ワードプレス)で使われているファイルパスが違うため、画像などが表示ができなかったりします。

(Mac)MAMPにWordPressを入れてテスト用サーバーを準備してみた。

原因はファイルパスが絶対パスでDB(データベース)に書かれているためです。

そこで、便利な『Search Replace DB(サーチ プレイス データベース)』を使ってDB(データベース)にある絶対パスの内容を書き換えてしまいます。

その便利な『Search Replace DB(サーチ プレイス データベース)』の使い方のご紹介です。

スポンサードリンク

Search Replace DB(サーチ プレイス データベース)とは

Search Replace DB
Search Replace DB

DB(データベース)にあるデータの文字列を検索して、任意の文字列に変更してくれる便利なツールです。

変更する文字列の対象が多い場合は【Search Replace DB(サーチ プレイス データベース)】を使うと簡単に変更できます。

似たようなツールに【Better Search Replace(ベーター サーチ リプレイス)】というものがあります。

(WordPress)【Better Search Replace】httpからhttpsへSSL化に変更する時に便利なプラグイン

こちらは、Wordpress(ワードプレス)がURLで接続できることが条件です。

今回の作業だと、そもそもローカル環境にあるWordpress(ワードプレス)へDB(データベース)に書いてあるURLが違うためで接続ができないので、Search Replace DB(サーチ プレイス データベース)を使います。

Search Replace DB(サーチ プレイス データベース)の使い方

テスト
テスト

Search Replace DB(サーチ プレイス データベース)の事前準備

最初に、ローカル環境を本番サイトと同じ環境にします。

本番サイトのデータをコピーにてローカル環境に入れてもいいですが、『htaccess(エイチティーアクセス)』ファイルを修正しないといけません。

なので、オススメはローカル環境にWordpressをインストールしてから、本番環境の『wp-content』のみダウンロードしてローカル環境に入れるのがいいです。

『wp-content』に画像とプラグインが入っていますからね。

必要なものはこれだけだと思います。

あとは、本番環境のDB(データベース)をダウンロードしてローカル環境のDB(データベース)に入れて下さい。

Search Replace DB(サーチ プレイス データベース)のダウンロード

Search Replace DB(サーチ リプレイス データベース)
Search Replace DB(サーチ リプレイス データベース)

Search Replace DB(サーチ プレイス データベース)を利用するためには、Search Replace DB(サーチ プレイス データベース)のサイトへ行きます。

Search Replace DB(サーチ プレイス データベース)のサイトへ行ったら、画面を下へスクロールすると必要事項の入力項目があります。

Database Search and Replace Script in PHP

Sarch Replace DB(サーチ リプレイス データベース) 入力項目
Sarch Replace DB(サーチ リプレイス データベース) 入力項目

最初にある『Knowledge check』で書かれている内容はこんな感じです。

accept this script can be a security risk
このスクリプトを受け入れると、セキュリティ上のリスクになる可能性があります

I understand that this script must not be left in a public facing web server
このスクリプトを一般向けのWebサーバーに残してはならないことを理解しています

I am a developer and I know what I’m doing!
私は開発者であり、自分のやっていることを知っています。

このツールのリスクを理解して使ってねって言ってます。

この3つにチェックを入れて、名前をメールアドレスをいれます。

ニュースレターのチェックは任意でいいと思います。

最後に【Submit】を押すと、登録したメールアドレスにダウンロードリンクが届きます。

Search Replace DB(サーチ プレイス データベース) ダウンロード
Search Replace DB(サーチ プレイス データベース) ダウンロード

届いたメール本文の【here】というところからダウンロードできます。

Search Replace DB(サーチ プレイス データベース) ファイル
Search Replace DB(サーチ プレイス データベース) ファイル

Search Replace DB(サーチ プレイス データベース)の設置

先ほど、ダウンロードした圧縮ファイルを解凍すると、『Search-Replace-DB-4.1.1』というフォルダができます。

Sarch Replace DB(サーチ リプレイス データベース) 移動場所
Sarch Replace DB(サーチ リプレイス データベース) 移動場所

解凍してできた『Search-Replace-DB-4.1.1』というフォルダをローカルのWordpress(ワードプレス)のフォルダの中に移動させます。

※「wp-content」「wp-admin」などと同じフォルダの階層です。

Search Replace DB(サーチ プレイス データベース)でDB(データベース)の置換

設置したSearch Replace DB(サーチ プレイス データベース)へアクセスします。

Search Replace DB(サーチ プレイス データベース) アクセス
Search Replace DB(サーチ プレイス データベース) アクセス

今回はローカル環境なので、【http://localshot/wordpress/Search-Replace-DB-4.1.1】へアクセスします。

※『wordpress』というフォルダの中にWordpress(ワードプレス)をインストールしています。環境に合わせてURLを変更してアクセスして下さい。

Search Replace DB(サーチ プレイス データベース) 項目入力
Search Replace DB(サーチ プレイス データベース) 項目入力

アクセスすると、上記の画面が表示されます。

【SearchReplace】
『replace』に「本番サイトのURL」、『with』に「ローカルサイトのURL」を入力します。

【DataBase Detail】
ローカル環境のデータベース情報を入力します。

「wp-config.php」ファイル内でDB(データベース)情報が指定されていれば、ここは自動で入力されるはずですが、ローカルDB情報①のところは自動で入力されない場合があります。

自動で入力されていない場合は、DB(データベース)情報を入力します。

【Which Tables】
全てのテーブルを置換するので、『all tabels』にチェックを入れます。

上記の項目を入力したら【Let’s go】にある『Do a safty test run』を押してテスト実行します。

『Do a safty test run』は実際に置換はされませんが、どの項目が置換されるのかわかりますから、必ず最終確認をします。

Search Replace DB(サーチ プレイス データベース) テスト結果
Search Replace DB(サーチ プレイス データベース) テスト結果

どのテーブルの項目が何個か置換するのかが表示されます。

項目のテーブル名をクリックすれば、詳細がわかります。

上記にエラーが表示されていますが、『OpenGraphGetter』の箇所がエラーになっているらしく、『Yoast』というプラグインに影響が出るみたいですね。

僕は『Yoast』というプラグインは入れていないので、無視しています。

入れている方はダウンロード用のメールに『Search Replace DB 3』のダウンロードリンクもあるのでそちらを使ってみた方がいいかもしれません。

Search Replace DB(サーチ プレイス データベース) v3.1.0ダウンロード
Search Replace DB(サーチ プレイス データベース) v3.1.0ダウンロード

テストに問題がなければ、【Search and Replace】を押して置換を実行します。

Search Replace DB(サーチ プレイス データベース) 実行
Search Replace DB(サーチ プレイス データベース) 実行

置換が完了したら、テスト環境にアクセスして問題ないか確認します。

Search Replace DB(サーチ プレイス データベース)の削除

最後に、Search Replace DB(サーチ プレイス データベース)を削除します。

今回はローカル環境なので置いておいてもそこまで問題はありませんが、実際にサーバーで作業をしてこのファイルが残ったままの場合、アクセスされたらDB(データベース)を書き換えられる恐れがあります。

そのリスクも考慮してファイルは削除します。

Search Replace DB(サーチ プレイス データベース)の画面から削除できるので、そこから削除します。

Search Replace DB(サーチ プレイス データベース) 削除
Search Replace DB(サーチ プレイス データベース) 削除

先ほどの【Search and Replace】ボタンの下にある【delete me】を押します。

すると、Search Replace DB(サーチ プレイス データベース)のファイルが削除されます。

ファイルは削除されますが、フォルダは残ったままなので、残るのが嫌な場合はサーバーから削除しましょう。

スポンサードリンク

Search Replace DB(サーチ プレイス データベース)のまとめ

パソコン作業
パソコン作業

ローカルでもいいのでテスト環境は必要だと思います。

その際に、同じ環境でも違う部分を簡単に変更できるので、今回使ったSearch Replace DB(サーチ プレイス データベース)は便利なツールですよ。

でも、サーバーで使う場合はくれぐれも注意して使って下さい。

スポンサードリンク