(WordPress) 便利になるので覚えておきたい条件分岐

wordpress

wordpress

WordPressで様々なページで

条件分岐をさせると

色々な表示ができるので

覚えておきたいものを残しておきます。

スポンサードリンク

各ページごとの条件分岐

条件分岐

条件分岐

is_home():メインページかどうか

<?php
 if(is_home()){
//メインページです
}
?>

is_single():記事ページかどうか

<?php
 if(is_single()){
//記事ページです
}
?>

is_page():固定ページかどうか

<?php
 if(is_single()){
//固定ページです
}
?>

is_category():カテゴリーページかどうか

<?php
 if(is_category()){
//カテゴリーページです
}
?>

is_tag():タグページかどうか

<?php
 if(is_tag()){
//カテゴリーページです
}
?>

is_archive():アーカイブページかどうか

<?php
 if(is_archive()){
//アーカイブページです
}
?>

アーカイブページには、カテゴリー、タグ、その他のタクソノミー項目、カスタム投稿タイプアーカイブ、作成者、日付別のものがあります。

is_paged():2ページ目以降かどうか

<?php
 if(is_paged()){
//アーカイブページです
}
?>

2ページ目以降のページがある場合、ページの判定を行うためのものです。

is_search():検索結果のページかどうか

<?php
 if(is_search()){
//検索結果ページです
}
?>

is_404():404エラーページかどうか

<?php
 if(is_404()){
//404エラーページです
}
?>

“HTTP 404: Not Found”エラーページが表示されている場合。

余談:is_home()とis_front_page()

フロントページの表示

フロントページの表示

条件分岐を調べていたところ

is_home()とis_front_page()の違いが

よくわからなかったのですが、

こちらのページに詳しく載っていました。
(参照)フロントページの表示あれこれ

テンプレートと条件分岐タグ対応表

固定ページ
最新の投稿
フロントページ 投稿ページ
テンプレート front-page.php
※ない場合は home.php
front-page.php
※ない場合は page.php
home.php
※ない場合は index.php
条件分岐タグ is_front_page(), is_home() is_front_page() is_home()
URL /(サイトのルート) /(サイトのルート) /(サイトのルート)と /example(任意のスラッグ)

・・・ややこしいですね。

あまり設定をいじることはないので

とりあえずはis_home()だけで十分かな?

(参考)条件分岐タグ

PHP7+MariaDB/MySQLマスターブック

新品価格
¥3,067から
(2019/9/21 06:20時点)

PHP7+MariaDB/MySQLマスターブック [ 永田順伸 ]

価格:3,067円
(2019/9/21 06:30時点)
感想(1件)

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ