スポンサードリンク

Lenovo X220 Windows起動
Lenovo X220 Windows起動

先日、『Lenovo X220のメモリを16Gにしてみた。』

メモリを増設したのですが、

それでも動作が重いので諦めて

クリーンインストールして初期状態に戻してみました。

最近はMacBook Proがメインパソコンになっているので

安心して作業ができました。

スポンサードリンク

USBに残していたバックアップデータを使って作業

バックアップ用USBを準備

バックアップ用USBを挿す
バックアップ用USBを挿す

Lenovo X220を購入した時に

バックアップ用データをUSBに保存していたので

こちらを使って初期状態に戻します。

『Windows 7 が初期搭載のシステムのリカバリーディスクを作成して使用する 』

※リカバリーディスクをUSBに保存する方法は
公式サイトの手順でドライブを選ぶ時にUSBを指定すればできます。

バックアップ用USBをパソコンに挿して起動

Lenovo X220 Windows起動
Lenovo X220 Windows起動

USBを指して電源を入れます。

Windows画面が出たところで【F1】を押し続けます。

BIOSでUSBから起動させるように設定を直す

【F1】を押し続ける
【F1】を押し続ける

BIOSが起動します。

BIOS画面
BIOS画面

ここでUSBから起動させるために

【BOOT】を選択します。

優先デバイス選択
優先デバイス選択

ここで優先して起動させる順番を決められるので

USBメモリが1番になるようにします。

下ボタンのみを使う
下ボタンのみを使う

【+】、【ー】を使って順番を変えるのですが

【+】はShiftを押さないと使えないので認識しないため

【ー】を使ってなんとかUSDメモリを1番目にします。

USBメモリを1番目
USBメモリを1番目

順番を決めたらBootを決定します。

Boot決定
Boot決定

決定したらパソコンが再起動します。

再起動するとUSBメモリが1番目に起動するので

リカバリーディスクが起動します。

リカバリーディスク起動で初期化

リカバリーディスク起動
リカバリーディスク起動

そして、Windowsが起動します。

Windowsスタート
Windowsスタート

するとリカバリーディスクの設定画面が表示されます。

リカバリーディスク設定
リカバリーディスク設定

日本語を選びます。

使用条件同意
使用条件同意

使用条件を同意します。

工場出荷時に復元
工場出荷時に復元

工場出荷時に復元を選択します。

選択された状態に復旧
選択された状態に復旧

『はい』を押して選択された状態に復旧します。

復元中
復元中

復元している間待っています。

リカバリー完了
リカバリー完了

リカバリーが完了したら再起動をします。

Windowsの初期起動での設定

USBを外す
USBを外す

再起動の際にUSBを外します。

外しておかないとUSBが優先されて起動してしまうためです。

Windows起動
Windows起動

初めてのWindowsの起動になるため

アカウントとネットワークを設定してたら

Windowsの初期化が完了です。

Windoes初期化でのまとめ

Windows初期画面
Windows初期画面

ずっと遅かったWindowsがこれで綺麗になりました。

あとは必要なソフトを入れて使用していこうと思います。

若干起動は早くなったと思います。

ただ、Macに慣れてきたからか

遅いと思ってしまいます。

Lenovo ノートPC

スポンサードリンク