(Wordpres) Redirection-リダイレクトを簡単に設定してくれるプラグイン

Wordpressプラグイン

WordPressプラグイン

WordPressを使っているこのブログですが、

カテゴリー名をURLに表示させているために

たまに、カテゴリーを間違えて公開してしまうこともしばしば・・・

カテゴリーを修正するとURLも変わるのですが

その時に役立つプラグインです。

スポンサードリンク

301リダイレクトを簡単に作成してくれる

301リダイレクト

301リダイレクト

カテゴリーをURLに表示させているために

カテゴリーを修正すると

URLが変わってしまい

前のURLでアクセスする人は

404エラーになってしまいます。

そんなとき位は301リダイレクトをするのですが、

方法としては.htaccessを修正し

301リダイレクトをさせるといいです。

しかし、このプラグインを使えば

301リダイレクトが簡単に設定できます。

Redirection<リダイレクション>のインストール

インストール方法は2つあります。

1.WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Redirection」で検索

Redirection検索

Redirection検索

管理画面からプラグインを検索します。

Redirectionインストール

Redirectionインストール

インストール後、有効化します。

2.WordPress.org からダウンロード

インストール後、有効化します。

Redirects:リダイレクトの設定

Redirectionメニュー

Redirectionメニュー

リダイレクションのメニューは

メニューの「ツール」の中にあります。

Redirection設定

Redirection設定

基本的な設定は上記だけです。

1.[1]の【Source URL:】に転送元のURLを入力します。

こちらは、ドメイン以下のパスで入力します。

例:/category1/1234/

2.[2]の【Target URL:】に転送先のURLを入力します。

こちらは、ドメインを含めたパスで入力します。

例:http://○○○.com/category2/1234/

後は登録するだけです。

登録後、301リダイレクトが有効になり

転送元のURLにアクセスしても

リダイレクトされて転送先にアクセスしてくれます。

これを使ってカテゴリーの登録間違いを

修正した後、リダイレクトで修正後のURLに

アクセスできるようにしています。

その他

Group:グループ

Redirections 通常のリダイレクト(転送)のグループ
Modified Posts 変更されたURLを転送するグループ
※個別記事の場合

Log:ログ

転送回数や転送内容のログを見ることができます。

(参考)
Redirection – 301リダイレクトを管理できるWordPressプラグイン

便利なリダイレクト設定プラグイン「Redirection」

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ