(WordPress) 新着記事や月別のアーカイブを表示させる

wordpress

wordpress

ウィジェットの機能にもある

アーカイブを

サイドバー以外の場所に表示させる方法です。

現在はフッターで月ごとの

アーカイブを表示させています。

スポンサードリンク

テンプレートタグの「wp_get_archives」を使う

これを使うと、テンプレートで

日付ベースのアーカイブリストを表示します。

使い方

<?php wp_get_archives( $args ); ?>

※$argsで設定を直接、または配列で指定します。

$argsは初期設定では

$args = array(
	'type'            => 'monthly',
	'limit'           => '',
	'format'          => 'html', 
	'before'          => '',
	'after'           => '',
	'show_post_count' => false,
	'echo'            => 1,
	'order'           => 'DESC'
);

となっており、

$argsに何も指定しないで

<?php wp_get_archives(); ?>

とした場合

liタグで新しい月別、すべての数を出力されます。

なので、

する場合は

<ul>
<?php wp_get_archives(); ?>
</ul>

ulタグで囲んであげる必要があります。

パラメータの種類

パラメータ

type (文字列) 表示するアーカイブリストの種類。初期値は月別アーカイブ。
有効な値は:

  • yearly(年別)
  • monthly (初期値:月別)
  • daily(日別)
  • weekly(週別)
  • >postbypost (投稿を公開日時の順に)
  • alpha (投稿をタイトルのアルファベット順に)
limit (整数) 取得するアーカイブ数。初期値は制限なし。 format (文字列) アーカイブリストの形式。
有効な値は:

  • html (初期値) – 前後に before と after の文字列を付け、HTML のリストタグ(<li>)で囲む。
  • option – セレクトボックスまたはドロップダウンメニュー用のセレクトタグ(<select>)内で使用するために、前後に before と after の文字列を付けてオプションタグ(<option>)で囲む。
  • link – リンクタグ(<link>)に入れる。
  • custom – 前後に before と after の文字列を付けたカスタムリスト。
before (文字列) format オプションが html または custom のとき、リンクの前に付けるテキスト。デフォルトは空文字列。 after (文字列) format オプションが html または custom のとき、リンクの後に付けるテキスト。デフォルトは空文字列。 show_post_count (真偽値) 投稿数を表示するかどうか。type オプションが ‘postbypost’ のときは無視される。

  • 1 (True) – 表示する
  • 0 (False) – 表示しない(初期値)
echo (真偽値) 表示するか、値として返すか。

  • 1 (True) – 表示する(初期値)
  • 0 (False) – 表示せず値として返す
order (文字列) リンクリストの順序(バージョン 3.5 以降)
  • ‘ASC’ – 昇順(A から Z へ)
  • ‘DESC’ – 降順(Z から A へ)(デフォルト)

このブログの設定

このブログではフッターに

アーカイブを月ごとに

記事数も一緒に表示させたいので

&amp;lt;ul&amp;gt;
 &amp;lt;?php wp_get_archives('type=monthly&amp;amp;show_post_count=1'); ?&amp;gt;
&amp;lt;/ul&amp;gt;

上記の用に記述しています。

表示の結果はフッターを確認してみてください。

しかし、便利な機能ですね~

(参考)
テンプレートタグ/wp get archives

サイドバーの記事数(投稿数)表示方法【WordPress】

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ