(WordPress) 自作のプラグインを作ってみる~その1:プラグインを準備する

wordpress

WordPressで自作のプラグインを作ってみたので

その自作プラグインの作成を

もう一度覚書として残しておこうと思います。

スポンサードリンク

自作するプラグイン

CSVでファイルを読み込んで

DBに登録して、

ショートコードを使ってテンプレートに表示させます。

プラグインを作成する場所にフォルダを作成

「wp-content」の中にある

wordpressディレクトリ

wordpressディレクトリ


プラグインを作るために

WordPressが入っているディレクトリの

「wp-content」内の「plugins」の中に

プラグイン用のディレクトリを作成します。

今回は「csv-uploader-plugin」としました。

csv-uploader-plugin

csv-uploader-plugin

csv-uploader-plugin.phpを作成

先ほど作ったcsv-uploader-pluginディレクトリ内に

csv-uploader-plugin.phpを作成します。

作成したcsv-uploader-plugin.phpの中に

<?php
/*
Plugin Name: CSV UPLOADER Plugin
Plugin URI: http://www.example.com/plugin
Description: CSVをアップして表示するだけのプラグイン
Author: tailtension
Version: 0.1
Author URI: http://www.example.com
*/

プラグインの名前や作成者

プラグインのバージョンを記入します。

ファイルを保存した後で

WordPressの管理画面にアクセスして

プラグインのページを見てみると

インストール済みのプラグイン

インストール済みのプラグイン

先ほど作成したファイルに記入した内容が表示されます。

まだプラグインの内容はないので

プラグインの表示のみです。

次回は、中を作っていきます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ