大きいサイズのSQLをインポートしてくれる「BigDump」

BigDump

BigDump

phpMyAdminを使ってSQLファイルをインポートしようとすると

バックアップしたSQLファイルが大きすぎて

エラーを起こしてしまうことがあります。

そこで、大きなSQLファイルでも

インポートしてくれる「BigDump」という便利なものがありました。

スポンサードリンク

1.BigDumpをダウンロード

BigDump: Staggered MySQL Dump Importer

BigDumpダウンロード

BigDumpダウンロード

赤枠のところからダウンロードします。
※現在のバージョンは0.35b

2.ダウンロードしたbigdump.phpファイルを編集

ダウンロードしたファイルbigdump.phpに

データベースの設定を記述します。

$db_server   = 'localhost';
$db_name     = '';
$db_username = '';
$db_password = ''; 

45行目あたりに上記の記述があるので

$db_server:データベースサーバ
$db_name:データベース名
$db_username:データベースユーザ名
$db_password:データベースパスワード

ダンプする予定のデータベースを設定します。

文字コードはデフォルトでUTF-8になってますが、

もし変えるのであれば、

54行目あたりにある

$db_connection_charset = 'utf8';

上記を変更します。

3.編集したbigdump.phpをサーバーに移動

データーベースの設定をしたbigdump.phpファイルを

サーバーに置きます。

ファイルを置く場所はアクセスできる場所ならどこでもいいかもしてません。

置いたbigdump.phpにアクセスする

置いたファイルにアクセスします。

データベースの設定が合っていれば下記のように表示されます。

BigDump

BigDump

合っていないと下記のようにエラーがでます。

BigDumpエラー

BigDumpエラー

4.インポートするSQLファイルをアップロード

アップロード

アップロード

次にSQLファイルをアップロードします。

画像赤枠からファイルを選んでアップロードします。

アップロードは別の方法もあって

bigdump.phpファイルと同じ階層に

FTPなどでSQLファイルをアップしても大丈夫です。

アップロード後

アップロード後

アップロードすると画面にSQLファイルが表示されます。

5.インポート実行します

インポート実行

インポート実行

赤枠の「Start Import」を押して実行します。

インポート終了

インポート終了

インポート終了で完了です。

たまにエラーが起こる場合がありますが、

phpMyAdminでSQLファイルを作成するときに

「作成するクエリの最大長」の設定が原因のようです。

作成するクエリの最大長

作成するクエリの最大長


※画像はバージョン:3.4.5

僕は「100」に設定しています。

SQLファイルを削除するときは

SQLファイル削除

SQLファイル削除

赤枠の「Delete file」を押します。

ファイルが完全に消えてしまうので

残す場合はFTPから取り出して下さい。

(参考)
phpMyAdminでインポートできない大きなファイルを一気にインポートできる「BigDump」

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ