重複ページの対応

seo

seo

商品一覧ページなどで

重複ページと判断されるといけないということです。

ページネーションで1ページ目、2ページ目・・・としている場合

Googleで重複ページとみなされることになるそうです。

スポンサードリンク

どこまでを重複ページとして見られるのかわかりませんが、

ウェブマスターツールの

「最適化」→「HTMLの改善」に

メタデータ(descriptions)→重複するメタデータ(descriptions)

タイトルタグ→重複するタイトルタグ

この2つの項目に引っかかっているページがわんさか・・・

なので、対策として

1.titleタグにページ番号を入れる。

商品一覧ページがそうですが、

商品カテゴリーが一緒なだけなので

ページ番号をいれることで対応しました。

2.descriptionにもページ番号を入れる。

上記タイトルと同じなのですが、

カテゴリーが一緒だとdescriptionも

同じになってしまうので

こちらにもページ番号を入れて対応しました。

以上の2つの対策を取ってみました。

同じような対策をしている方もいたので

とりあえず、このままで様子を見ます。

(同じような対策を記述しているサイト)

ウェブマスターツール「タイトルタグの重複」対策短縮化(fc2blog用)

HOMEページのmeta descriptionにはページ数や総ページ数を表示させない

—————————————————————————————–

後で色々調べてみましたが、

重複ページがある場合はheadタグ内に

rel=”canonical”を記述して1つのページに集約するといいそうです。

<使い方>
<link rel=”canonical” href=”http://www.seomoz.org/blog/>

また、別の方法で

2ページ目以降に

<meta name=”robots” content=”noindex,follow” />

を記載しておくと

インデックスには登録されないけど、リンクは辿るということをしてくれて

PageRankを引き継いでくれるそうです。

(参考)
ページネーションにおけるrel=“canonical”タグの正しい使い方 at SMX West 2011

“noindex,follow” robots metaタグを使うのはどんな時?

しかし、rel=”canonical”の使い方を誤ると

かなり危ないので注意して下さい。

私はこれで、かなり訪問者が減ってしまいました。

4月1日~4月7日のレポート

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ