Googleのインデックスについて→再インデックス

ウェブマスターツールから

URLを削除依頼というのをしました。

何故?かというと

インデックスにhttpsとhttpが2つインデックスされていたため

重複ページ対応のためhttpsのものを削除しようと思い

削除依頼をかけました。

スポンサードリンク

https://とhttps://両方とも消えた

次の日にサイトのインデックスを確認したら

httpのアドレスのページが

ランキング圏外に行ってしまっていました。

おいおいと思って調べてみると

httpのページまでもインデックス削除されていました。

再インデックスをしてもらうため

Fatch As Googleでまた申請を出しました。

まさか、両方消えるとは・・・

後で、ウェブマスターツールで確認したら

URL 削除ツールを使用すべきでない場合」の項目の中に

—————————————————————————————————-
サイトの正しい「バージョン」をインデックスに登録する。多くのサイトは、同じ HTML コンテンツやファイルに複数の URL からアクセスできるようになっています。このようなサイトが何度も検索結果に表示されるのを避けるには、おすすめする正規化の方法をご覧ください。検索結果に表示させたくない URL を、URL ツールで削除しないでください。このような場合にこのツールを使用しても、ページの適切なバージョンだけが残ることはなく、その URL のすべてのバージョン(http/https、www あり/www なし)が削除されてしまいます。
—————————————————————————————————-

以上のようなことが書いてありました。

URLの削除申請はよっぽど緊急性がない限り

自然とインデックスから消えるのを待つ方がいいですね。

やはり対応としては、

301リダイレクトを使うか

rel=”cannical”で設定しておいて

自然にインデックスから消えるのを待つべきです。

ウェブマスターツールで

httpsをサイト登録してから

URL削除しても大丈夫って書いてあったんですけどね。

http://productforums.google.com/forum/#!topic/webmaster-ja/UAdpaTqma08

ようやく再インデックスされました

インデックスされていなかったので

いろいろググってみたところ

ウェブマスターツールから誤って削除申請した後で

インデックスに戻す方法がありました。

(参考)
ウェブマスターツールを使用してサイトのページ、ディレクトリを誤って削除申請した場合の復活方法

こちらにも書いてあったのですが、

一度ウェブマスターツールの「最適化」-「URLの削除」で削除申請してしまうと、

「Fetch as Google」でインデックスのリクエスト申請を行なっても一向にインデックスされないようです。

しかし、Googleのヘルプに

「このツールを使用して削除されたコンテンツは、最低でも 90 日間は Google のインデックスから除外されます。URL 削除リクエスト ツールを使用すると、この 90 日という期間中はいつでもコンテンツを再登録できます。」

URLの削除申請しても90日間はウエブマスターツールから

戻すことができるようなので

さっそくURL削除をキャンセルしました。

URL削除申請のキャンセルのやり方です。

1.画像右側の「表示」のところクリックします。

URL削除申請

URL削除申請

2.「削除済み」を選択します。

URL削除申請の選択

URL削除申請の選択

すると、削除申請したURLが出てきます。

3.下に出てくるURLのステータスの「再登録」をクリックすると

URL削除申請のキャンセル

URL削除申請のキャンセル

「削除リクエストをキャンセルしました。」と表示されます。

これで、あとはインデックスに戻るのを待つだけです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ