NASのSynology DS218jを導入してみました。

DS218j

DS218j

子どもの写真が増えすぎたために

保管用として外付けハードディスクを使っていたのですが、

嫁さんが撮った写真もお互いが簡単に

保管できるようにと思い

NASの導入を検討した結果

Synology DS218jを購入して自宅に設置しました。

スポンサードリンク

Synology DS218jで購入したもの

Synology DS218j

Synology DS218j

こちらが購入したSynology DS218j

【NASキット】Synology DiskStation DS218j [デュアルコアCPU搭載多機能パーソナルクラウド 2ベイNASキット] CS7088

新品価格
¥20,393から
(2018/5/2 14:02時点)

色々考えた結果、

2ベイタイプのものにしました。

値段もそこそこするものなのですが、

やはり写真はバックアップも必要になるので。

あと、これには中身のハードディスクがないので

ハードディスクも購入しました。

ハードディスク

ハードディスク

ハードディスクは3Tのものを2種類。

【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 4TB WD Blue WD40EZRZ/AFP2 SATA6Gb/s 5400rpm 2年6ヶ月保証 (FFP)

新品価格
¥10,715から
(2018/5/2 14:05時点)

WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB WD Red NAS用 WD30EFRX 5400rpm 3年保証

新品価格
¥11,450から
(2018/5/2 14:06時点)

最初はAmazon限定のものを2つ買おうかと思いましたが

同じハードディスクだと

故障の時期が同じになる可能性が高いため

違うものを準備したほうがよいそうです。

まあ、こちらの組み合わせはAmazonでオススメにでてたものですけど・・・

Synology DS218jの設置

DS218j本体

DS218j本体

こちらが本体です。

DS218j本体 開けた状態

DS218j本体 開けた状態

まず、本体をスライドさせて

フタ?を取り外します。

ハードディスク1取付

ハードディスク1取付

次に、ハードディスクを取付けます。

下にハードディスク1つ目を差し込みます。

ハードディスク1取付完了

ハードディスク1取付完了

差し込んだら、ネジで固定します。

ハードディスク2取付完了

ハードディスク2取付完了

同じようにハードディスク2つ目を取付けます。

フタの取付

フタの取付

フタを取付けて、ネジで締めます。

取付完了

取付完了

ハードディスク取付完了です。

次に、DS218jに付属されている

LANケーブルと電源ケーブルを取付て

Wifiルーターと接続します。

電源ON

電源ON

取付後、DS218jの正面にある電源を入れます。

Synology DS218jの設定

DS218j アクセス

DS218j アクセス

DS218jの起動が終わった後、

ブラウザから【http://find.synology.com】へアクセスします。
※今回はGoogle Chromでアクセスしています。

アクセスすると自動でネットワークにある

DS218jを探してくれます。

DS218j 接続

DS218j 接続

DS218jが見つかると接続画面がでてきます。

画面にある【接続】をクリックします。

DS218j ようこそ画面

DS218j ようこそ画面

接続完了になると「ようこそ」と表示されます。

次に、【設定】をクリックします。

DSMインストール

DSMインストール

すると、DiskStation Managerをインストールという

画面が表示されます。

【今すぐインストール】をクリックします。
※手動でインストールもありますが、初めてなので今すぐインストールを選択しました。

インストールが始まる前に、

ハードディスクを初期化するよという注意がでます。

こちらは、【はい】を選択します。

DSMインストール画面

DSMインストール画面

インストールには少々時間がかかるみたいです。

DS218j 再起動

DS218j 再起動

インストールが完了したらDS218jの再起動が始まります。

DS218j 管理画面

DS218j 管理画面

再起動が終わると管理者設定の画面がでます。

ここで、サーバー名・アカウント名・パスワードなどを設定します。

【DiskStationのネットワークで~】とあるチェックボックスに

チェックを入れると、のチェックを入れておくと、

もしネットワーク上でNASの場所がわからなくなった場合に、

ブラウザのアドレス欄に“http://find.synology.com”と入力すると、NASを見つけてくれます。

DS218j セットアップ完了

DS218j セットアップ完了

セットアップが完了するとDSMアップデートなどの設定画面になります。

DS218j アップデートとメンテナンス

DS218j アップデートとメンテナンス

DSMはSynologyNASのOSのようで

日々アップデートがあるようです。

Windowsと同じですね。

セキュリティの関係もあるので

自働でアップデートするにチェックをいれました。

DS218j QuickConnect

DS218j QuickConnect

次はQuickConnectの設定です。

こちらは外部からDS218jにアクセスできるようになるものです。

セキュリティからも考えて

あまり外部からアクセスするつもりもないので

ここは下の方にある【この手順をスキップする】を選択しました。

DS218j パッケージのインストール

DS218j パッケージのインストール

こちらはアプリのインストールです。

いまのところ写真用としか考えてないので

下の方にある【この手順をスキップする】を選択しました。

必要になった時にインストールするつもりです。

DS218j 設定完了

DS218j 設定完了

これで設定完了です。

Synology匿名の統計情報を送るに協力する方はチェックを入れて、

協力しない方はチェックを外して【移動】を選択します。

DS218j DSM

DS218j DSM

自動的にDSMの画面に移動します。

最後に、アドレスをブックマークしておくといいみたいです。

これで設定は完了です。

インストール時での設定を後でする

余談ですが、

インストール時に【DiskStationのネットワークで~】のチェックを

外してしまって焦ってしまいましたが

後で設定を直せました。

DiskStationで位置を共有

DiskStationで位置を共有

「コントロールパネル」⇒「情報センター」⇒「使用情報」

上記の場所にチェックを入れる場所がありました。

【Synology匿名の統計情報を送るに協力する~】のチェックも

ここで後から直せるみたいです。

なぜNASを導入したのか

サーバー室

サーバー室

子どもの写真がかなりの量になってきたため

管理が難しくなってきました。

今は外付けハードディスクと

Googleフォトを利用しています。

しかし、外付けハードディスクだと

嫁さんが持っている写真をハードディスクへ入れるのが面倒くさい。

Googleフォトだと

場合によってはサイズが圧縮されるし

いつサービスが終わるかわからない怖さがあります。

そんな事がありNASの導入を考えました。

容量は迷いましたが

3Tあれば当分持つでしょう。

まだDS218jの使い方がまだ知らないことだらけなので

色々勉強していきます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ