初めての[CakePHP2.x]での開発、そして挫折するまで日記~その4 LEFT JOINで孫のデータを取る

cake-logo

cake-logo

前回、LEFT JOINまではやったのですが、

今度はその下の孫のデータを取ることをしてみます。

スポンサードリンク

孫の階層をJOINして取り出す場合

親から見て、孫のテーブルを結合して取り出す場合です。

モデルに下記のように記述します。

public $recursive = 階層数;

(例)
Postモデルで処理する場合

モデル名 Postモデル UserPostモデル Commentモデル
テーブル名 posts user_posts cooments
関連するフィールド名 id post_id
関連するフィールド名 /td>

id user_post_id

Postモデル

<?php 
class Post extends AppModel{
  public $hasOne = 'UserPost';  //結合モデル
  public $recursive = 2;  //PostモデルからみてCommentモデルの階層
}
?>

UserPostモデル

<?php 
class UserPost extends AppModel{
  public $hasOne = 'Comment';  //結合モデル
}
?>

以上です。

ただ、モデルで記述すると常に下の階層まで結合されて

SQLが多くなって表示時間が遅くなりました。

なので、コントローラーでも指定できるので

使いたいときだけコントローラーでの指定もありだと思います。

コントローラーで孫の階層をJOINして取り出す場合

(例)
Postモデルで処理する場合

モデル名 Postモデル UserPostモデル Commentモデル
テーブル名 posts user_posts cooments
関連するフィールド名 id post_id
関連するフィールド名 id user_post_id

Postモデル

<?php 
class Post extends AppModel{
  public $hasOne = 'UserPost';  //結合モデル
}
?>

UserPostモデル

<?php 
class UserPost extends AppModel{
  public $hasOne = 'Comment';  //結合モデル
}
?>

Postsコントローラー

使いたいところ(例えば function edit()内)に

$this->Post->recursive = 2;

と書けばいいみたいです。

これなら、使いたいときだけ孫の階層が使えるみたいです。

階層の考え方

recursiveじゃ階層で考えるみたいなんですが、

hasOne,belongsToとhasManyで少し違いがあるようです。

recursive -1 0 1 2 3
hasOne,belongdTo カレントのみ 第1次アソシエーションテーブル 第1次アソシエーションテーブル 第2次アソシエーションテーブル 第3次アソシエーションテーブル
hasMany カレントのみ 第1次アソシエーションテーブル 第2次アソシエーションテーブル 第3次アソシエーションテーブル

最初の0か1で少し違いが出るようです。

詳細はこちらに図があるのでわかりやすいと思います。
recursiveの正しい理解CakePHP

階層の考え方が微妙に難しいです。

慣れるまでは大変ですね。

でも、簡単にJOINしてくれるのは助かります。

CakePHP2 実践入門 (WEB DB PRESS plus)

新品価格
¥3,110から
(2015/1/27 23:08時点)

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ