(CakePHP 2.x) XMLクラスを使う

CakePHP

CakePHP

APIとかでXMLのデータを扱うときに

簡単に配列にしてくれる

便利なXMLクラスがあります。

スポンサードリンク

XMLクラスを読み込んで使用

まず、コントローラーでXMLクラスを読み込みます。

App::uses('Xml', 'Utility');

次にXMLを配列に変えます。

$xmlString = '<?xml version="1.0"?><root><child>value</child></root>';
$xmlArray = Xml::toArray(Xml::build($xmlString));

これでXMLが配列に格納されました。

XMLのタグ名が配列のキーになっているのでわかりやすいです。

後は配列なので普通に値を使用できます。

(参考)
CakePHP2系でXMLを配列に格納する方法

CakePHP Cookbook v2 XML

CakePHP2 実践入門 (WEB DB PRESS plus)

新品価格
¥3,110から
(2015/1/27 23:08時点)

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ